SONY Eマウントレンズ 50㎜ F1.8 OSS SEL50F18レビュー

こんにちは、ふりかけです。
カメラを始めてまだ3ヶ月の初心者なんですが、自分が使っている機材の
レビューをしていこうかと思います。

初めての単焦点レンズになるんですが、50mmの画角と手頃な値段でSONY E 50mmF1.8 OSS SEL50F18を買ってみました。

SONY Eマウントレンズ 50㎜ F1.8 OSS SEL50F18の仕様


焦点距離50mm(35mm換算75mm)
開放絞りF1.8
最小絞りF22
レンズ構成8群9枚
画角32°(APS-C)
最短撮影距離0.39m
最大撮影倍率0.16倍
絞り羽根数7枚
アタッチメントサイズ49mm
寸法⌀62mm×62mm




F値の比較


SS 1/125 F値1.8 ISO AUTO


SS 1/125 F値2.0 ISO AUTO


SS 1/125 F値2.5 ISO AUTO


SS 1/125 F値4.0 ISO AUTO


SS 1/125 F値5.0 ISO AUTO


SS 1/125 F値6.3 ISO AUTO


SS 1/125 F値9.0 ISO AUTO


50㎜は35㎜換算で75㎜の中望遠レンズ

SEL50F18は手ごろな値段でボケが楽しめる単焦点レンズです。

35㎜換算で75㎜の中望遠レンズになります。
開放F値1.8の明るさとボケ味を生かした撮影が可能でポートレートやスナップ写真に適しています。

SS 1/1250 F3.5 ISO 800



SS 1/1250 F3.5 ISO 800



SS 1/2500 F3.5 ISO 800



SS 1/3200 F3.5 ISO 800



SS 1/125 F11 ISO 100



SS 1/125 F14 ISO 100



SS 1/125 F3.5 ISO AUTO



SONY Eマウントレンズ 50㎜ F1.8 OSS SEL50F18のメリット

価格が安い

新品で大体27,000円~30,000円ぐらい。
中古で15,000円~20,000円ぐらいで買えるので、カメラ初心者でも
手に入れやすいレンズなんじゃないかなと思います。


持ち運びに便利

重量が202gと軽く持ち運びに便利なので、街中でのスナップ写真やポートレートなど、外での撮影にも全然使えると思います。


手振れ補正付き

FE 50mm F1.8 SEL50F18F には手振れ補正が付いていませんが、E 50㎜ F1.8 OSS SEL50F18には4段相当の手振れ補正が付いていますので、手持ち撮影でも撮影できます。



SONY Eマウントレンズ 50㎜ F1.8 OSS SEL50F18 のデメリット

AFが遅い

オートフォーカスがだいぶ遅いので、街のスナップ写真とか動かない被写体の撮影に向いてるかなと思います。

単焦点なんでズームができない

まぁ単焦点レンズなんで当たり前のことなんですが、ズームレンズみたいにズームが出来ないので、自分で動く必要があります。

のちのちフルサイズ移行を考えているのなら買わない方がいい

E 50㎜ F1.8 OSS SEL50F18はAPS-C機専用の為、のちのちフルサイズ移行を考えてる人は買わない方が無難かなと思います。
フルサイズ移行を視野に入れているのなら、E 50㎜ F1.8 OSS SEL50F18ではなく、FE 50mm F1.8 SEL50F18FかFE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Zを買われたほうがいいと思います。




まとめ

中古であれば2万円前後で手に入る価格帯と、F値1.8のボケ感が丁度いいかなと思います。
ボケを生かしたスナップ写真やポートレートなど、ズームレンズとはまた違った表現ができる所が単焦点レンズの面白い所かなと思います。

まずは標準ズームレンズで自分の好きな画角を探してみて、慣れてきたら初めての単焦点レンズとして候補に入れてみてはどうでしょうか。
単焦点レンズ入門編としておすすめです。

レビューカテゴリの最新記事