定番オールドレンズ!PENTAX Super-Takumar 50mm F1.4【オールドレンズを楽しもう】

定番オールドレンズ!PENTAX Super-Takumar 50mm F1.4【オールドレンズを楽しもう】

PENTAX Super-Takumar 50mm F1.4を買ってみました。
オールドレンズでぐぐると、必ず出てくる名前。
1、2位を争うぐらい人気のオールドレンズみたいですね。

9千円ちょっとの値段で買えました。
2万以上で売られている物もありますが、1万前後で
全然程度がいいやつがあります。

PENTAX Super-Takumar 50mm F1.4
1964年発売
M42マウント
焦点距離:50㎜
絞り羽:6枚
F値:f1.4~f16
レンズ:6群8枚、初期8枚玉
シャッター:なし!
焦点調節:一眼レフ(0.45m~∞無限遠)
サイズ:W36mm x H57mm
フィルター径:49㎜

赤外線の指標が4と4の間にあることから、前期となるみたいです。
左側の8と4の間に赤外線の指標があれば後期型。
4と4の間に赤外線の指標があり、なおかつ線の下にRと書いてあれば、再前期となるみたいです。
また、前期型は8枚玉(6群8枚)、後期型は7枚玉(6群7枚)となります。


後期型はアトムレンズが採用されており、レンズが黄色くなっています。
このレンズは黄色くないので前期型になります。


マウントはM42マウントとなっており、ねじ込み式になっています。


6枚の絞り羽で、絞ると六角形になります。


Super-Takumar 50mm F1.4前期・後期の見分け方

6群8枚構成変形ダブルガウス型です。

1964年7月に発売された「ASAHI PENTAX SP」のセットレンズとされました。
4群目をレンズ3枚の貼り合わせとした6群8枚構成変形ダブルガウス型。
これがいわゆる8枚玉タクマです。

赤外線の指標の位置

向かって左側の、F4の右側に赤外線の指標があるので前期。
F8とF4の間に赤外線の指標があれば、7枚玉の後期型。
赤外線の指標に「R」の文字があれば再前期。

6群8枚か6群7枚

6群8枚構成変形ダブルガウス型が前期型。


6群7枚構成変形ダブルガウス型が後期型。

レンズの色が黄色

後期型はアトムレンズの採用により、レンズが黄色く変化しています。
黄色くないのが前期型(8枚玉)。
黄色いのが後期型(7枚玉)。


M42マウントのレンズを使うにはマウントアダプターが必要

M42マウントのレンズをSONYのEマウントで使うためには、マウントアダプターが必要です。




このままではSONY α7s2に取り付けできないので、M42マウントのレンズを
SONYのEマウントに変換するアダプターを取り付けます。


Advertisement

取り付けるとこんな感じです。
若干長くなりますが、それでも全然コンパクトです。


カメラに取り付けるとこんな感じです。
意外とずっしりと重いです。


Advertisement

Super-Takumar 50mm F1.4で撮った作例

開放F1.4で撮ってみました。
いい感じのボケ具合と、立体感を感じられる描写かなと思います。

F8ぐらいから全体的にピントが合うのかなと思います。
現行レンズのようにパリッとした描写ではなく、
柔らかい感じの描写に思えます。

スナップ写真カテゴリの最新記事