フルサイズ移行で悩んでます?APS-C機からフルサイズに移行する際もっとも重要視した理由を教えます

フルサイズ移行で悩んでます?APS-C機からフルサイズに移行する際もっとも重要視した理由を教えます

初めて買ったα6500。
使っていくにつれて、色々と不満がでてきて、
思い切ってフルサイズに移行することにしました。

そこで、APS-C機からフルサイズに移行する際に、自分が何処を重要視したかを書いていこうと思いますので、これからフルサイズ機に移行しようか悩まれている方の参考になれば幸いです。


APS-C機からフルサイズ機に移行しようと思った理由

暗所や室内での撮影時の高感度耐性

室内撮りや、夜間での撮影時、α6500だとISOを上げると
すぐにノイズが目立っていました。
ノイズを気にしてISOを下げると、今度は画面が暗くて
なに撮ってるのか分からず、撮影時に苦労していました。

そこで、センサーサイズが大きく、なおかつISO感度が
常用できる値が大きいフルサイズなら、この問題を解決
できるんじゃないかと思い、フルサイズ移行を考えました。

センサーサイズが大きい方が高感度ノイズに強い。

ここが、フルサイズ移行を考えた一番の理由かも。


もっとボケ感が欲しい

ボケ感をもっと楽しみたい!
って、思ってフルサイズ移行した人っているんじゃないかな?
APS-C機よりも、フルサイズはピントの合う範囲が狭い(被写界深度が浅い)ため、
マイクロフォーサーズやAPS-S機よりボケが大きくなります。

同画角・同絞り・同距離で撮影したら、センサーサイズが大きい方が
ボケが大きくなる。

ボケればいいってもんでもないですが、主題を目立たせたい時なんかに、
ボケ感がある方がより目立つ時もあるかなと思います。


レンズの焦点距離を、そのまま使える


APS-C機だと、レンズの焦点距離×1.5倍の画角。
マイクロフォーサーズだと、2倍の画角になります。
レンズ本来の画角で使えない。
しかし、フルサイズ機は本来の画角でレンズが使える。

レタッチの幅が広がる

個人的に広いダイナミックレンジのおかげで、レタッチの幅が
広がると思ってます。
ダイナミックレンジが広いと、暗い所から明るい所までの情報量が豊富になるので、レタッチの際、暗すぎた・明るすぎた写真でも修整がきく(限度はありますが)かなと思いますし、表現の幅が広がり、自分のイメージ通りの写真を作りやすいかなと思います。


フルサイズへ移行する際のデメリット

フルサイズへ移行する際はメリットばかりではありません。
やはりデメリットもあります。

・フルサイズのレンズは高い
・レンズのサイズがデカくなる
・APS-C機のレンズは使用できない
・記録する情報量が増えると、パソコンもより良いスペックが求められる。
・マイクロフォーサーズやAPS-C機より寄れない


フルサイズのレンズは高い


マイクロフォーサーズやAPS-C機のレンズと比べて、全然値段が違います!
というか、高すぎる!
中古でもおいそれと手が出せない💦

レンズのサイズがデカくなる


値段だけではなく、サイズも大きくなります。
同じ画角・同じF値のレンズを比較してみたら、全然違います。
軽い装備でサクッとスナップ写真撮りたい人には向かないのかなと思います。

自分はポートレート撮影や、テーブルフォトはあまりなく、ほぼほぼスナップ写真なので、少々レンズのサイズがデカくなっても問題ないですが。

APS-C機のレンズは使用できない


フルサイズのレンズをAPS-C機で使うことはできますが、
逆にAPS-C機のレンズをフルサイズで使うことはできません。
使えるやつもありますが、4kの動画撮影の時はクロップされて、
レンズ本来の画角より極端に狭くなったりします。
最初からフルサイズ用のレンズを買っておけばよかったと思いますが、
カメラ始めたてのころはAPS-C?フルサイズ?みたいな感じで、たいした知識もないので仕方ない。
今すぐではないが、将来的にはフルサイズ移行するかもと考えてる方は、
フルサイズ用を買っておいたほうがいいかなと思います。


記録する情報量が増えると、パソコンもより良いスペックが求められる


たとえばSONY α7sⅢの4k動画なんか、物凄い容量みたいですね。
いろんなYouTuberの方たちがTwitterなどで、4kの120fpsなんか編集が重いとつぶやいているのをみたので、ご自分の撮影環境などを踏まえながら考えた方がいいかなと思います。


マイクロフォーサーズやAPS-C機より寄れない


フルサイズの50mmのレンズはだいたい最短撮影距離は50cmくらい。
対してマイクロフォーサーズなら25mmのレンズがフルサイズ換算で
50mm相当の画角で最短撮影距離は25mm。
だからマイクロフォーサーズだと25cmくらいまで寄れます。

つまり、フルサイズでは50mm相当の画角で25cmまで寄った
写真はなかなか撮れない。
接写やテーブルフォトの割合が多い方は、フルサイズじゃなくて、
マイクロフォーサーズとかの方がいい気がします。


フルサイズ移行時に重要視した部分

・値段
・動画と写真両方使える機種
・暗所に強い高感度耐性

自分がフルサイズ移行にたいして、もっとも重要視した部分は
この3つになります。


値段

α6500を売って、足りない部分をいくらか手出ししたとして、
予算を15~16万。もう少し出したとしても17~18万と考えていました。
それ以上はとても出せない💦

動画と写真両方使いたい

写真だけではなく、動画も撮りたいので、4k撮影ができることと、
フルHD120fpsで撮影できることが条件でした。

暗所に強い高感度耐性

InstagramとTwitterにアップするのがメインなので、
解像度より暗所に強い高感度耐性が優先。
室内で子供を撮ったり、日中だけではなく、夜間撮影も
できるように高感度での撮影が優先。
ここが一番重要視した部分です。

悩んで購入したのはSONY α7sⅡ

中古で予算16万円以内で、4KとフルHD120fpsで動画撮影ができる。
なおかつ、最高ISO感度409600!常用ISO感度100‐102400と
高感度に特化した機種。
すべての感度域で広いダイナミックレンジ実現。
フルサイズ機でありながら、画素数を1220万画素にまで抑え、その分
センサーの高感度耐性を高めることに成功している。
α7sⅢは高すぎて買えず、α7Ⅲと迷ったんですが、高感度に特化した
α7sⅡを買いました。

まとめ

今回、フルサイズ移行する際に重要視したのは値段と、
自分の撮影環境に必要な機能を重視して選びました。

・値段
・4k&120fpsでの動画撮影
・暗所に強い高感度耐性
・InstagramとTwitterにアップするのがメイン

以上の理由でα7sⅡを選びましたが、写真しかやらないって方は、
α7RⅡとかでもいいかと思います。

フルサイズに移行したからと言って、決して
写真がうまくなるわけではありません。
自分が置かれている撮影環境で、フルサイズの機能が必要な方は
勿論フルサイズに移行した方が問題は解決するでしょうし、そうじゃない方は、わざわざ高い金出してフルサイズに移行する必要性はありません。

集合写真や、カバンにカメラをポンっと入れて、サクッとスナップ写真撮りたい方はAPS-C機やマイクロフォーサーズがいいでしょうし、クリエイティブな写真や動画を撮りたい方はフルサイズがいいでしょうし、ご自分が置かれている撮影環境で、どういった機能が必要なのかを洗い出してみると、自分にぴったりの機種が見つかると思います。

一眼レフカテゴリの最新記事