写真撮る時のカメラ設定は、この設定で撮ってます【カメラ初心者の方の参考になれば幸いです】

写真撮る時のカメラ設定は、この設定で撮ってます【カメラ初心者の方の参考になれば幸いです】

カメラを初めて1年ちょいが経ちました。
最初のころは訳が分からず、ググりまくって
色々な方の記事を読んで試しまくっていました。

最近では自分なりの基本的な設定が定まってきました。

基本的には以下の設定です。

撮影モード:マニュアル
画質モード:RAW
F値   :開放~F11
SS    :1/60
WB   :5000k~5500k
ISO     :100~
ここから、ちょこちょこいじっていきます。


RAWで撮影

JPEGとRAWをたとえて言うと、RAWが生の食材でJPEGがシチュー!
撮った写真を現像ソフトでレタッチすることを料理するとしましょう。

シチュー(JPEG)を、やっぱりカレーが食べたいからと言って
シチューをカレーに作り直すのって難しいですよね?

だけど、生の食材(RAW)だと、シチューを食べる予定だったけど、
やっぱカレーが食べたいからカレーにしようってなったらできますよね?

つまりどうゆうことかと言いますと、JPEGは写真を撮った際カメラの中で
情報が間引きされて圧縮されたもので、後から現像ソフトで色をいじろうと
しても余白がないため画質の劣化や色の破綻をおこします。

RAWはカメラが捉えた光の情報をそのまま保持しているので、現像ソフトで
レタッチする際に、色の破綻をおこさず色の調整がしやすいってことです。

なので、レタッチする時のことも考えてRAWで撮ることをお勧めします。

ただRAWで撮るとデータが重くなります。
データが重くなると、シャッターを切った後、カメラの中でデータを処理・
保存するのにコンマ何秒ではありますが時間が掛かったり、PCにデータを
移す際データ処理に時間がかかるので、通信速度の速いSDカードがお勧めです。

撮影モードはマニュアルで

最初のころはオート(AUTO)で撮ってましたが、そこから絞り優先モード
で撮るようになり、今はほぼマニュアルで撮ってます。
自分でシャッタースピード・ISO・F値・WB全て自分の好みで決めれるので、
写真を撮ってて楽しいです。

初心者には絞り優先モードがお勧めかなと思います。
F値・ISO・WBを自分で調節することができ、シャッタースピードは
カメラが自動で設定してくれます。

絞り優先モードであれば、初心者でも背景をボカした一眼レフカメラらしい
写真が撮れるんじゃないかなと思います。


F値の設定

撮りたい被写体を寄りで、なおかつボカしたい時は開放(使ってるレンズの一番小さいF値)で撮るか、F2.8~F4で撮ったりしてます。
自分が使っているカメラはフルサイズ機なんですが、フルサイズ機は被写界深度が浅い(ピントが合う範囲が狭い)ので、F4ぐらいでも全然背景がボケた写真が撮れます。

スナップ写真や風景を撮る時はF5.6~F8ぐらいで撮ってます。
全体にピントを合わせたい時はF8ぐらいで。

Advertisement

シャッタースピードはレンズの焦点距離に合わせて

手ブレしないシャッタースピードは、使われているレンズの1/焦点距離秒です。
例えば使っているレンズが焦点距離50㎜のレンズだとしたら、シャッタースピードは、
1/50秒より早ければ手ブレのリスクは小さくなります。

なので、まずは使うレンズの焦点距離に合わせてます。
そこからISO感度やF値との兼ね合いを見ながらいじってます。

子供を撮る時なんかは、動き回るので1/125から合わせたり、
降ってる雪を撮りたい時は1/400前後に合わせたり、
その時の状況によってちょこちょこ変えてます。

ホワイトバランス(WB)は基本固定

WBは基本5000kにしてます。
理由は寒色過ぎず暖色過ぎず、丁度いいのがここかなと思って。
撮影する場所によっては変えたりしますが、基本的には写真の色味に統一感を持たせるために、WBを5000kで統一してます。

イルミネーションや雪を撮る時は「日陰」や「曇天」にしてみたり、
夕日を撮る時は6000k~8500kにしてみたり、色々試しています。

ISO感度設定

以前まではISO100からスタートして丁度いいとこに合わせる
感じでやってたんですが、α7sⅡに変えてからはISOオートにしてます。
ISOを上げすぎるとノイズが発生して画質の悪い写真になってしまうんですが、
α7sⅡは高感度性能に特化した機種の為、ISOオートにしてます。


日中の外で撮影する時は、ISO100でも露出オーバーになると思うので
NDフィルターは持っておいたほうがいいかなと思います。

これあると、マジで便利です!

クリエイティブスタイル設定

クリエイティブスタイルはニュートラルを使ってます。
設定はコントラスト-2・彩度₋3・シャープネス₋1にして、
少し薄めに撮って、lightroomで現像する際に色を足してる感じです。


設定する順番はこれ

①撮りたい被写体に対してF値を決める。
 ぼかして撮りたいなら開放で。
       ⇓
②SSを決める。使うレンズの「1/焦点距離」
       ⇓
③ISO感度を調節する。
※画面が明るい場合 
ISOを最低ISO感度にしてもまだ明るすぎる場合は、SSを早くする。
もしくは、NDフィルターを使う。

※画面が暗い場合
ノイズが出ない所までISOを上げてもまだ暗い場合は、SSを遅くする。
※手ブレに注意!

Advertisement

イルミネーションを撮る時の設定は

撮影モード:絞り優先モード
画質モード:RAW
F値   :F8~F11
      玉ボケを撮りたいなら開放で。
      光条を出したいならF10~
WB   :ゴールド/オレンジの暖色系のイルミなら、
      晴れ/日陰/曇天
      ホワイト/ブルーの寒色系のイルミなら、
      電球
ISO     :SSを見ながら決めます。
      手ブレしないシャッタースピード(1/焦点距離秒)
      になるように、ISOを上げ下げします。
露出(EV):露出補正がオートだと、明るいイルミを標準的な明るさに
      撮ろうとカメラが補正するので、見た目より暗く写ってし
      まう時がある。その為、露出はプラス側へ補正する。


合わせて読んでもらえるといいかも。

最後に

お使いになられてるカメラやレンズ、撮影環境など違いますので、
あくまでも参考としてとらえてもらえると幸いです。

最初はAUTOかPモードで写真を撮ってみるといいと思います。
カメラがISO感度やSSを決めてくれるので。
こうゆうシチュエーションだとISO感度はこのぐらいになるのか
とか分かってくると思うので。

慣れてきたら絞り優先モードで撮ってみるといいと思います。
絞り優先モードを使い始めると、なんとなくISO感度と
SSとF値の兼ね合いが肌感覚で分かってくると思います。

絞り優先モードに慣れてきたら、マニュアルモードで自分の
撮りたい写真を、自分の設定で撮りましょう!



一眼レフカテゴリの最新記事