世界最小のフルサイズミラーレス一眼【SONY α7C】Vlogにも使える?

世界最小のフルサイズミラーレス一眼【SONY α7C】Vlogにも使える?

ソニーの新コンセプト「Compact」をコンセプトに、世界最小・最軽量のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7C」が発表されました。
発売日が10月23日。
店舗予想価格はボディ単体で21万前後。レンズキットは24万前後。





α7Cの外見・特徴


α7Cの「C」は「Compact」のCを意味しており、α7Ⅲの性能を小型・軽量ボディに凝縮したようなフルサイズミラーレス。
カラーはブラックとシルバーの二色をラインアップ。
見た目はα7シリーズより、α6000シリーズに近いような気がします。



世界最小最軽量のボディ


キットレンズと合わせても約676g!
今までのフルサイズ機だと一日手持ち撮影してたらけっこう疲れてたと思うんですが、これぐらい軽いと静止画・動画撮影ともに機動力を生かした撮影ができると思います。
ジンバルに載せての撮影でも機動力を生かせると思います。

液晶モニターは3.0型の92万ドットのタッチパネル。
ビューファインダーはα7Ⅲは真ん中にありましたが、α7Cでは左側に配置され、スッキリした見た目になっています。

センサーはα7Ⅲと同じ35mmフルサイズ裏面照射型「Exmor R」CMOSセンサーと画像処理エンジンBIONZ Xを搭載。

カードスロットは、α7Ⅲではダブルスロットでしたが、α7Cではシングルスロットになります。

天面部分は、α7ⅢにはあったC1とC2のカスタムボタンが、α7Cでは録画ボタンが配置され、使い勝手を考えられた配置となっています。




バリアングル液晶モニター採用

横方向に176度、上方向180度、下方向90度と自在に可動するバリアングル機構で、地面すれすれのローアングル撮影や自撮り撮影なんかも容易におこなえます。

これだけの軽量でバリアングル液晶であれば、Vlog撮影にもってこいのフルサイズミラーレスなんじゃないかなと思います。
また、ジンバルに載せて撮影する場合でも、チルト式の液晶だとふとした時に干渉してたんですが、干渉せずにストレスなく使用できるのではないでしょうか。



バッテリーはNP-FZ100を使用


α7Ⅲと同じNP-FZ100を使用。
液晶モニター使用時で最大の740枚の静止画撮影と215分の動画撮影。
電子ビューファインダー使用時で最大680枚の静止型撮影と220分の動画撮影。




マグネシウム合金ボディ


トップカバー、フロントカバー、 内部フレームに加えて、リアカバーにも軽量かつ剛性の高いマグネシウム合金を採用。
α7 IIIと同等の耐久性となっている。


リアルタイムトラッキング


AF-ONを押せばリアルタイムトラッキングが作動するようになりました。瞬時にすばやい被写体を撮影したい場合に便利です。






写真機としての特徴


α7Ⅲと同等の性能だと思います。

  • 4Dフォーカス対応
  • 693点の像面位相差検出AFセンサー
  • ファストハイブリッドAFシステム
  • AIを活用したリアルタイムトラッキング
  • リアルタイム瞳AF
  • JPEGで約223枚、圧縮RAWは約115枚、非圧縮RAWでも約45枚の連続撮影
  • 5軸ボディ内手振れ補正
  • 14bit RAW 出力
  • ISO100-51200 (拡張: 下限ISO50、上限ISO204800)
    AUTO (ISO100-12800、上限/下限設定可能)
  • ファインダー使用時: 約680枚、液晶モニター使用時: 約740枚




動画機としての特徴


  • 4K30p、フルHD120p対応
  • PP1-PP10 (Movie、Still、Cine1-4、ITU709、ITU709 [800%]、S-Log2、S-Log3、HLG、HLG1-3
  • ISO100-51200相当 (拡張: 上限ISO102400)
    AUTO (ISO100-12800相当、上限/下限設定可能)
  • ファストハイブリッドAFに対応
  • タッチトラッキングに対応
  • リアルタイム瞳AF
  • 100Mbpsの高ビットレートでフルHD 120p撮影
  • 自動電源OFF温度設定が可能
  • 実動画撮影時間ファインダー使用時: 約140分、液晶モニター使用時: 約140分



まとめ



α7Ⅲの性能を、α6600に詰め込んだような印象を受けます。
重量やサイズ感による機動性の問題などから、「気軽に普段使いにはちょっと」
と、フルサイズミラーレスを敬遠していたユーザーも、これなら気軽に持ち出せるんじゃないかなと思います。
個人的に一番いいなと思ったのは、フルサイズなのにコンパクトで、バリアングル液晶なところですね。
Cinematic Vlogを撮影するときや、ジンバルに載せて撮影するとき容易にできちゃいますよね。

ソニーストア

一眼レフカテゴリの最新記事