DaVinci Resolveによる動画編集【Fusionページ編】

Fusionページでは、クリップ同士の合成や、トランディションを作るのに使用します。
エディットページでも簡単にトランディションを追加することはできますが、Fusionページでは、トラッキングや、マスクトランディションなど少し複雑なキーフレームの調整や、ルマフェードなどオシャレなトランディションを作ることができます。


エフェクトライブラリ



エフェクトライブラリには、Fusionページで使えるノードがあります。
ノードを使用するには、使用したいノードを左側のツールか、中央のツールバーからドラッグ&ドロップするか、Shift+スペースでSelect Toolを呼び出して、使いたいノードを呼び出すなどのやり方があります。



Advertisement

クリップ


クリップをクリックすると、画面下側にクリップが表示されます。

エディットページに戻らずに、Fusionページで編集したいクリップを切り替えれます。



スプライン


スプラインでは、スピードランプなどのトランディションを掛けた時に、速度変化を滑らかに繋いだり、タイミングを調節したりできます。




キーフレーム


各クリップと選択したノードをレイヤーとして表示して、イン点やアウト点を調節したり、タイミングを調節したりします。
例えば、適用させたいノードの効果を何コマ目から適用させて、何コマ目で終わらせるなど。



メタデータ


クリップやプロジェクトのメタデータを表示します。



インスペクタ


選択したノードのパラメータやコントロールを表示します。
適用させたいノードの効果を微調整できます。



ツールバーのノードの種類


画面中央には、よく使用されるノードが表示されています。

Media in Media Out

Media inがスタート地点。Media Outがゴール地点になります。

Merge

映像と映像を繋ぐノードになります。
黄色がBackgroundが後ろに来る画像。
緑がForegroundが前にくる画像。

Background

平面ツールのノード。
平面素材を作るのに使用します。

FastNoise

ノイズを付けるノード。
設定を変更して煙のような演出ができる。

Text

テキストのノードです。
エディットページからもテキストは使えます。

Paint

ペイントツールのノード。
さまざまなブラシストロークから構成されており、ブラシの種類、大きさを任意に設定できます。

pEmitter

3D空間でパーティクルを放出。

pMerge

複数のエミッタとパーティクルエフェクトをマージ。

pRender

計算されたパーティクルを描画するために必要なノード。
接続したパーティクルシステムをビュアーで表示したり、マージ3Dノードに接続し3D空間に組み込むことができる。

ColorCorrector

カラコレツールのノード。
特定の色を変えたり、一部の色を抑えたり、複雑な色調整の作業をするのに必要。

ColorCurves

トーンカーブのノード。
カラーページで行うトーンの調整を、このノードを使うことでFusionページでもトーンカーブの調整が行える。

HueCurves

HSLカラー補正のノード。

ChannelBooleans

各チャンネルの割り振り。

Rectangle

四角のシェイプツール。

Ellipse

円形のシェイプツール。

Polygon

シェイプツールのノード。
マスクを掛けたいところを、点と点で結んで囲みます。

BSpline

シェイプツールのノード。
Polygonノードより丸みを帯びて囲めます。

Blur

ブラーのノード。

Risize

イメージの解像度を永続的に変更。

Transform

画像のサイズや位置を変更するノード。

MatteControl

マットの調整を行うノード。




ノードの接続


三角が入力、四角が出力になります。
黄色がバックグラウンド。
がフォアグラウンド。
青色がエフェクトマスク。
四角が出力。


例えば、下の画像を見てもらうと分かるのですが、Media1がバックグラウンドへ、Media2がフォアグラウンドへ接続されています。
つまり、Media1の上にMedia2が乗っているということです。



ノードの種類

ざっくり分類すると、2Dと3Dに分かれます。
さらにそこから、メディア・Merge・エフェクトの三種類に分かれます。


スタート地点にはメディアのノードしか置けない

Fusionページでは、スタート地点にはメディアのノードしか置けません。
ペイントノードなどのエフェクトノードは、スタート地点にはおけません。
ですので、エフェクト系のノードを置きたい場合はBackgroundノードを先に持ってきます。



接続線の分岐


ノード同士を繋いでいる接続線の上でAltを押しながらクリックすると、PipeRouterが追加されて、そこから分岐できる。



ノードの追加


Shiftを押しながらノードをドラッグして持ってきて、線が青くなった時に離すと間に追加できる。



Mergeノードの入力を入れ替える


Mergeノードを選択してCtrl+Tで入力を入れ替える。



DaVinci Resolvカテゴリの最新記事