カラーグレーディングの使い方【Adobe Lightroom Classic】

カラーグレーディングの使い方【Adobe Lightroom Classic】

この記事では、Lightroomのカラーグレーディングの使い方を説明していきます。
基本的な使い方から、ちょっとした作例を載せつつ説明できたらなと思います。


カラーグレーディングとは

カラーグレーディングとは、シャドウ、中間調、ハイライト等の
明暗別に色彩を調整できるツールです。
明暗別に色調を調整して、写真全体の色味を自分好みに作れるので、
表現の幅が大きく広がるツールかなと思います。

基本補正やトーンカーブ、RGBトーンカーブ等の作業がある程度終わってから、
全体の色のバランス調整を行う際に使うのがいいかなと思います。
HSLより先に使うか、後に使うかはお好みで。

以前あった明暗別色補正が無くなった代わりに、新しく加わったツールになるんですが、
中間調の色彩までいじれるようになったので、よりレッタチの幅が
広がったんじゃないかなと思います。



カラーホイールの使い方

カラーホイールは直感的に、シャドウ、中間調、ハイライトの
色相と彩度をそれぞれ独立していじることができます。


Shiftキーを押すと、直線ラインが表示されてそのライン上のみ変化できます。
色相を固定したまま、彩度のみを調整することができます。

Ctrlキーを押すと、彩度を固定したまま、色相のみを調整することができます。


カラーホイールの切り替え

全部まとめた3ウェイ表示だとカラーホイールが小さすぎて調整しにくいので、
それぞれ個別に表示させると使いやすいかと思ます。
個別に表示させる場合は、上部にある丸いアイコン(左から3ウェイ、シャドウ、中間調、
ハイライト、全体)をクリックすると、表示が切り替わります。


目のアイコンを押す

目のアイコンを長押しクリックしている間は、カラーグレーディングが無効になり、写真が適用前の状態に切り替わり、効果の確認が簡単に行えます。


スポイドツール

色相って文字の左上にある四角を押すとスポイドツールが出てきますので、
スポイドマークをクリックしたままドラッグして、写真内の特定の色に合わせると、
自動でカラーホイールにポイントが表示されます。

正解なのかどうか分かりませんが、使ってみた感じ、特定の色に合わせて、
そこの色を基準にしますよみたいな機能なのかなと思います。


ブレンド

ブレンドは、シャドウ、中間色、ハイライトの3つの色調の混ざり具合を調整する機能です。

ブレンドが0の場合、シャドウ、中間色、ハイライトの境目の混ざり具合が少なり、
均等の色の範囲になります。

100の場合、中間色の色がシャドウとハイライトの色にブレンドされ、
中間色の幅が狭くなって、シャドウとハイライトの幅が広がります。
そのさい、本来指定したシャドウとハイライトの色相は色が変わりますし、
彩度も高くなります。


バランス

バランスは、数値がマイナスになるとシャドウ側、数値がプラスになると
ハイライト側の色の影響が大きくなります。



ティール&オレンジ

シャドウにシアン、中間調にブルー、ハイライトにオレンジ



シネマティック

シャドウにブルー、ハイライトにグリーン



レトロ調

シャドウにパープル、中間調にイエロー、ハイライトにオレンジ

冷たい雰囲気

全体のカラーホイールでブルーを足してみました。


最後に

カラーグレーディングもHSLやトーンカーブ同様、使いこなせるようになれば、
間違いなくレタッチのレベルがワンランク上がると思います。

同じ構図で撮った写真でも、カラーグレーディングを使うことによって、
まったく違う雰囲気の写真に仕上げることができます。

Lightroomカテゴリの最新記事