HSLを使って写真の色味を自分の思い通りに操ろう!【Adobe Lightroom Classic】

HSLを使って写真の色味を自分の思い通りに操ろう!【Adobe Lightroom Classic】

この記事ではLightroom ClassicのHSLの使い方を解説していきます。
lightroom内において、写真の色味を調節できるツールの一つで、他にもカラーグレーディングや、
RGBトーンカーブ、キャリブレーションがありますが、HSLはその中でもピンポイントで
色味をいじれるもっとも重要なツールかなと思います。
HSLを使いこなせるようになれば、間違いなくレタッチの幅が広がるかなと思います。

HSLとは

HSLとは、レッド・オレンジ・イエロー・グリーン・アクア・ブルー・パープル・マゼンタの8色を
個別に調整できるツールになります。
それぞれ色相(Hue)・彩度(Saturation)・輝度(Luminosity)を変更でき、それぞれの頭文字を取ってHSLと言います。

使うタイミングは

写真には正解がないので、好みだとは思いますが、RGBトーンカーブで色かぶりを取るなり、
ある程度の色味を作りこんだ後に使うと、使いやすいのかなと思います。
もしくは、カラーグレーディングでザックリ全体の色を決めてから、
細部の色味を調節するために使うとか。

自分の場合は、RGBトーンカーブでシャドウ側の色味をこう、ハイライト側の色かぶりをこうして、
みたいな感じでいじってから、使うことが多いです。



HSLの基本的な使い方

特定の色の、色相(Hue)・彩度(Saturation)・輝度(Luminosity)を
それぞれ色ごとに調節することができます。

色相

色相(Hue)はカラーの色味です。スライダーをドラッグすることで色味が変化します。
オレンジを黄色寄りのオレンジだとか、赤寄りのオレンジにすることができます。

彩度

彩度(Saturation)はカラーの鮮やかさです。
左にスライダーを動かすと色味が抜けていき白黒になります。
右に動かすと色味が濃ゆくなっていきます。

輝度

輝度(Luminance)は色の明るさです。
色の明暗を調節できます。

HSLとカラーの違いは

入り口がちょっと違うだけでやることは一緒です。
ですので、初期設定でHSLのタブになってるかと思いますが、
気にしなくていいと思います。

HSLパネル

HSLは、色相(Hue)、彩度(Saturation)、輝度(Lightness)の
3つの要素からできている色空間を意味しています。

カラーパネル

色相・彩度・輝度をカラー別に調整することができます。

どの色をいじればいいの分からないときは

この色を動かしたいんだけど、どの色のスライダーを動かせばいいのか
分からないってときは、ターゲットツールを使うとすごく便利です。

彩度のパネルの左上の所にあるボタンをクリック

そのあとに、特定の色の所にカーソルを合わせます。
試しに空の彩度を落としてみます。

空の所にカーソルを合わせたら、クリックしたまま、下にドラッグします。

すると、ブルーの色だけ彩度を下げることができます。



ポートレート写真で肌を白くする方法

ポートレート撮影で撮った人物の肌を白くするには、一般的に日本人の場合は、
レッド、オレンジ、イエローの三色で構成されています。

ですので、肌を白く見せたい場合は、この三色を調整するといいと思います。

彩度を下げる

具体的にどうやるかといいますと、オレンジとイエローの彩度を
下げます。下げすぎると白黒になってしまったり、違和感のある写真になってしまいますので、
そこは写真全体のバランスを見ながら少しずつ下げていってください。
その際、写真にもよるとはおもいますがレッドはオレンジ・イエローより
下げすぎない方がいいかなと個人的には思います。

輝度を上げる

オレンジ・イエローの彩度を下げたら、オレンジとイエローの輝度を上げます。
上げる数値は写真全体のバランスを見ながら、違和感がない程度にお好みで。



最後に

HSLは、レタッチをする上で基本補正と同じぐらい重要なツールと思います。
使いこなせるようになれば、間違いなくレタッチの幅が大きくなると思います。

Lightroomカテゴリの最新記事