基本補正の使い方・レタッチの手順【Adobe Lightroom Classic CC】

基本補正の使い方・レタッチの手順【Adobe Lightroom Classic CC】

初心者のうちは、適切なハイライトの数値や、シャドウの数値などが分からないと思うので、
「自動補正」の機能を使って目安にするといいと思います。
その写真のもっとも無難な数値にしてくれます。
そこから、自分のお好みでパラメーターをいじって仕上げていくといいかなと思います。

プロファイル

まずはプロファイルを設定します。

プロファイルはカメラプロファイルとも呼ばれ、RAWデータを編集する際の
ベースとなる色合いになります。
お好みでいいとは思いますが、標準的な色からレタッチを始めたい方は、
Adobe標準かカメラ標準を選択されたほうがいいかなと思います。

色温度・色かぶり補正

写真の色を決めるためにホワイトバランスを調整します。

色温度・色かぶり補正のパラメーターを調節して合わせてもいいんですが、
初心者のうちは分からないと思いますので、スポイドマークをクリックして、
写真の中でもっとも白い部分にスポイドを合わせてクリックすると、lightroomが
判断したホワイトバランスに合わせてくれます。

※あくまでもlightroomが考えるホワイトバランスなので、正しく補正されるとは限りません。

色温度

色温度はブルー(寒色系)とイエロー(暖色系)のバランスを調節する
パラメーターになります。
パラメーターを下げると、寒色系が強調されクールな印象に、
上げると暖色系が強調され温かみのある印象になります。

色かぶり補正

色かぶり補正は、色かぶり補正はスライダーを左にするとグリーンに、
右にスライドさせるとマゼンタに色味が変化します。
色温度で補正しきれなかった分を微調整するのに使います。
赤っぽい白や、緑っぽい白などの色かぶりを、
真っ白に近づけるといった感じです。

露光量

写真全体の明るさを調節します。
下げると暗く、上げると明るくなります。

コントラスト

写真の明るい部分と、暗い部分の明暗差を調節するスライダーです。
上げるとくっきりとして、下げるとボンヤリした感じになります。

ハイライト

明るい部分を明るくしたり暗くする機能。
ヒストグラム上の中間よりも右側に位置する明るい部分を調整します。
スライダーをプラス側に調整すると明るく、
マイナス側に調整すると、明るい部分が暗くなり質感を強調できる。

シャドウ

暗い部分を明るくしたり暗くする機能。
ヒストグラム上の中間調よりも左側に位置する暗い部分を調整します。
スライダーをプラス側に調整すると明るくなり、マイナス側ではより暗くなる。

白レベル

もっとも明るい部分を調節します。
画像の中で最も明るい、ヒストグラム上では一番右側に位置し、
完全な白に近い部分を調節します。
最も明るい部分が白飛びしているから露出を下げたいとか、
最も明るい部分をより明るくしたいといった時に使用します。

黒レベル

黒レベルは、最も暗い部分を調節します。
ヒストグラム上では一番左側に位置します。
プラス側に動かすと、ディテール感が調整できたり、黒つぶれが
酷いときに黒レベルを上げて解消します。
マイナス側に動かすと、暗い部分の面積を増やしたり、
モヤっとした感じの写真を、引き締まった写真にすることができます。

テクスチャ

テクスチャは質感の強弱をコントロールすることができます。
明瞭度と似た効果がありますが、明瞭度は画像全体を補正できますが、
テクスチャは中精細度のディテールのみを補正できます。

明瞭度

明瞭度は、全体的に立体感や質感を調節します。
プラス補正をしすぎると不自然な仕上がりになったり、
ノイズが目立ったりする場合もあります。
被写体をくっきり、はっきり見せたい時、樹木や岩などの質感を
強調させたい時に使います。
明瞭度では白飛び・黒つぶれや彩度・色味の変化などを極力抑えつつ、
補正を加えることができ、風景写真などに便利。
マイナスにすると、柔らかな印象になります。

かすみの除去

モヤッとした画像をクリアにさせることができます。
上げすぎると、彩度が上がりすぎたり、下げすぎると
モヤっとしすぎた画像になるので注意が必要です。

自然な彩度

自然な彩度は白飛びや黒つぶれをできるだけ抑えながら、
低い彩度を適度に強めたり弱めたりしてくれます。
特に人物の肌の色をキレイに見せたい時に役立ちます。

彩度

彩度は写真全体の彩度を一律に強めたり弱めたりします。

基本補正におけるレタッチの手順

露光量を最後にいじってしまうと、彩度が変わってしまうので、
最初らへんである程度調整したほうがいいかなと思います。

なので、レタッチの手順として
①プロファイル
②ホワイトバランス(色温度・色かぶり補正)
③露光量
④コントラスト
⑤白レベル
⑥ハイライト
⑦黒レベル
⑧シャドウ
⑨テクスチャ
⑩明瞭度
⑪かすみの除去
⑫自然な彩度・彩度

最初に白の強さを決めたら、白の次に明るい領域、暗めの領域、黒、というように、明るい色から暗い色に向けて順に明暗を整えると、白から黒までの明暗のつながりがよくなります。

※あくまでも個人的な考え方ですので正解ではないです。
 参考の一つとして考えていただければ幸いです。

Lightroomカテゴリの最新記事