ディテール

ディテールの使い方【Adobe Lightroom Classic CC】写真の仕上がりに差をつけよう

シャープ 写真の輪郭(エッジ)のコントラストを上げて、解像感が上がったように見える補正になります。この機能を使うことで、クッキリとした写真に仕上げることができます。 適用量 適用量はシャープ補正の強さになり、デフォルトは40となっています。シャープの量とノイズの量は比例しているので、シャープの数値を上げると、ノイズも目立ってしまうので注意が必要です。 半径 半径は輪郭(エッジ)の太さを調整します。 […]