aperture

一眼レフ【F値】

F値とは F値とは、カメラに光を取り込む時の、穴の大きさを数値化したものです。F値の数字が大きいほど光の通る穴が小さくなり、数字が小さいほど光の通る穴が大きくなります。 F値を一段開けると、カメラに入る光の量は2倍になります。例えば、F4からF2.8に一段開けたら、カメラに入る光の量は2倍になります。 逆に、F値を一段絞ると、カメラに入る光の量は半分になります。